プロローグに戻る

<登場人物>
新米ママ1新米ママ 赤ちゃん1赤ちゃん 天使ちゃん1天使ちゃん

 

新米ママ1ねえ天使ちゃん、私の赤ちゃんはなんで神様のこと知ってるの?
天使ちゃん1この赤ちゃんね、まだ、前にいたところの記憶が残っているみたいよ。
赤ちゃん4ば~ぶ~!
新米ママ5前にいたところ?赤ちゃんて、うちの子じゃないときもあったの?!
天使ちゃん2そうか、ママさんはこういう話は初めて聞くのよね。ひとつずつていねいに話すわね。
新米ママ4はい、よろしくお願いします!
赤ちゃん3ばぶー!
天使ちゃん1ママさん、人って死んだらどうなると思う?
新米ママ9死んだら?・・・私は天国に行くのかなって思ってた。
天使ちゃん2そうよ。それってどういうことかわかる?体はなくなるけど、心は生きてるの。正確に言うと、魂という存在が私たちのホントの姿なの。
赤ちゃん2ばぶー!
天使ちゃん3さすが、赤ちゃんはその辺もちゃんと覚えてるのね。
赤ちゃん3ばぶ!
 
新米ママ5魂かあ。聞いたことはあるけど・・・。じゃあ天使ちゃん、私たちの体の中には魂が入ってるの?
天使ちゃん1そうよ。赤ちゃんだって、もともとは魂だけの存在で、この世に生まれるときに肉体の中に入ったのよ。
新米ママ1そうだったんだ~。じゃあ、赤ちゃんは天国からここに来たのね。
赤ちゃん2ばぶばぶー!
天使ちゃん2そうよ。死んだ後の世界を「あの世」って呼んでるんだけど、「あの世」にある天国からみんなこの世に来てるの。あの世にはたくさんの魂が住んでるのよ。
新米ママ2へえ~。じゃあ、私のひいおじいちゃんやひいおばあちゃんも、みんなあの世にいるの?
赤ちゃん2ばぶー!
天使ちゃん2いるよ、だって。赤ちゃんもみんなに会ったみたいよ。
新米ママ2へ~、そうなの!元気だった?
赤ちゃん3ばぶー!
新米ママ6私、ひいおじいちゃんに会えたら謝りたいの。
天使ちゃん1まあ、どうして?
新米ママ6小さいとき、ひいおじいちゃんの長いひげが気になって、ひっぱったら取れるんじゃないかと思って。会うたびに思いっきりひっぱってたらしいの。
天使ちゃん9・・・子どもって時々コワイことするよね。
新米ママ5赤ちゃん、ひいおじいちゃんは何か言ってた?
赤ちゃん1ばぶー、ばぶばぶ。
天使ちゃん4長いひげは生やすな、ってアドバイスをもらったらしいわよ。
新米ママ7ひげの生えた赤ちゃんなんて・・・想像したくない!
天使ちゃん9・・・まだ生えないから安心して。
新米ママ1ああそうだった。よかった~。それにしても、あの世には住むところがあるの?
天使ちゃん2魂のもともとの住まいはあの世なのよ。だから、向こうが実家で、この世は仮の住まいなの。時期が来たら、またあの世からこの世に生まれ変わってくるの。
新米ママ5え~、この世が仮の住まい?じゃあ、私たちあの世にいるほうが長いの?
天使ちゃん1そうなの。あの世からこの世に旅に出ているようなものなのよ。
 
新米ママ5でも、なんでわざわざこの世に生まれてくるの?私、悩んだことがあったわ。
天使ちゃん1そうね、誰でも一度は考えたことがあるかもしれないわね。
新米ママ6生きる目的がわからないと不安な時期ってあるのよ。
赤ちゃん7ばぶ~。
天使ちゃん9わかる~、って、まだ生まれて1年たたないでしょ。早すぎない?
新米ママ1赤ちゃん、年ごまかしてる?
赤ちゃん6ばぶー!
天使ちゃん2この世に生まれてくる意味はちゃんとあるのよ。
みんな、それぞれ自分なりの課題を持って生まれてくるの。課題は人それぞれ違うけど、大きな意味でいうと、私たちは「愛を学ぶ」ということがテーマなの。
新米ママ5愛を学ぶ?それってどういうことなの?
天使ちゃん1そうねえ、学ぶって言うとお勉強っぽいけど、言い方を変えれば、愛とはなんなのかを知る、ということかしら。
新米ママ3それなら知ってるよ!愛とは、「すべてを生かし育むこと」。そして、「分かち合い、生かし合い、ゆるし合うこと」だったよね!
赤ちゃん4ばぶー!
天使ちゃん4すごいわね!ちゃんと覚えててくれたのね。。
新米ママ4えへへ。
天使ちゃん2基本はそうなの。でも、言葉だけじゃ本当にわかったとは言えないわ。行動してみて、相手に感謝されたり、逆に傷つけたり、自分が傷ついたりして、初めて本当の愛がわかるの。だから、この世で自分たちの生活を通していろいろな愛を知るのよ。
 
新米ママ2愛っていろいろあるの?
天使ちゃん1愛の基本はさっきママさんが言ったとおりよ。ただ、パパさんを愛するのと、赤ちゃんを愛するのと少し違ってたりしない?男女の愛と、母の愛。
新米ママ1うん、そうだね。
天使ちゃん5あと、例えば赤ちゃんが悪いことをしたらママさんは本気で叱るでしょ。愛には厳しい面もあるわね。
新米ママ1そうだね。だって赤ちゃんが悪い子になってほしくないもの。
天使ちゃん3赤ちゃんはその厳しさのなかに、自分を思ってくれている愛を感じるの。
そうやって、お互いに愛を学んでいけるのよ。
新米ママ6そうなんだ。赤ちゃん、将来悪い子になったらママは本気でいくわよ。
赤ちゃん5ばぶー!
天使ちゃん9・・・ママさん、本気出したら怖そうね・・・。
 
新米ママ1ねえ天使ちゃん、生まれ変わったとき、前と同じ人になれるの?
天使ちゃん1いいえ、別の肉体よ。生まれる国だって違うことが多いわよ。
新米ママ6そうなの?じゃあ、今の私という人生はこれっきりなのね。失敗したらやり直しはきかないわね。
天使ちゃん1同じ人間には二度となれないわ。でもね、なぜ何度も生まれ変わってるのかって、前の人生でなにか失敗したと思っても、次の人生でやり直せるチャンスを与えてもらってるの。
新米ママ4そうなんだ!よかった~。
天使ちゃん3だからと言って、今の人生をおろそかにしちゃいけないの。同じ人生なんてひとつもないから、与えられたチャンスを大事にしたいわね。
赤ちゃん3ばぶー!
新米ママ9私の過去の人生っていろいろあったんだろうなあ。
天使ちゃん2みんなそうよ。赤ちゃんだって過去にいろいろあったからこそ、自分で決めてきた目標をがんばって乗り越えたり、また新たなチャレンジをする中で、愛を学ぼうと思って生まれてきてるの。
赤ちゃん4ばぶ~!
天使ちゃん4あら赤ちゃん、やる気満々ね~。
 
新米ママ5ねえ天使ちゃん、ちょっと気になったんだけど、魂って死なないの?魂に終わりはないの?
天使ちゃん2いいところに気づいたわね。魂は死なないわ。永遠に生き続けるのよ。
新米ママ5え~っ?
赤ちゃん4ばぶー!
天使ちゃん3そうだよ、って。赤ちゃんはしっかり覚えてるわね。
赤ちゃん3ばぶ!
新米ママ4私は何にも覚えてないんだけど。やっぱりうちの子って天才かしら?
赤ちゃん4ばぶ~。
天使ちゃん9照れるな~、って・・・。そこは謙虚に否定するとこでしょ。
赤ちゃん9ばぶ。
天使ちゃん1普通はね、この世に出てくるときにすべての記憶は消えてしまうのよ。だって何もかも覚えていたら、テストでカンニングしてるようなものでしょ。
新米ママ5どういうこと?
天使ちゃん2過去の人生でできなかった問題をちゃんとクリアできるかどうか、今回の人生でテストしてるのよ。
新米ママ7え~、そうなの!テストは苦手だよぉ。
天使ちゃん5赤ちゃんだって人生のテストを受けに来てるはずよ。だから大きくになるにつれて、記憶はなくなってしまうと思うけどね。
新米ママ6そうなんだ・・・赤ちゃんも全部忘れちゃうのかな。
赤ちゃん7ばぶ~。
新米ママ3忘れちゃったとしても、ママが今の話を覚えておいて、また赤ちゃんに聞かせるからね。
赤ちゃん4ばぶー!
天使ちゃん4そうね、しっかり覚えておいて、他の子どもたちにも伝えてね。

 
1. 私たちは神の子  3. 親子は約束して生まれてくる