神理の中に「人生は魂を成長させるための修行」とあります。
Kさんが厳しいことを言ってくださったお蔭で私のネガティブな癖、性分を少しだけ修正できたように思い、Kさんに対して、ただ「ありがとう、ごめんなさい」という気持ちの他に親しみの気持ちも湧き上がってきます。
「全ては神の子で兄弟姉妹として繋がっている」という神理の言葉が何となく実感できる気がします。
28年間を経てやっと気づけ「いつまでも学ばせていただいている」と有り難く感じています。そして私なりにできることで、愛を表現していきたいと思っています。